スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクラックを導入した

二ヶ月近くご無沙汰です。

家がチャリンコで圧迫祭りを起こしていたので、いい加減バイクラックを買いました。


最初はミノウラの突っ張りタイプにしようとしたのですが、安かったので一番信用ならない壁に立て掛けるやつにしました。
しかもミノウラじゃないです。
デルタというやつです。よくわかんけど圧倒的に安いです。6000円しないです。ですです。

本当は四台掛けでハンガーラックまで兼ねた奴が欲しかったのですが、家のスペースと経費削減のため却下


で、届いたやつはこんな

小さい

ねじ止めで組み立てます。
テーパーが入ってるので棒だけでもしっかりしてそうですが、テーパーで止まる位置よりねじ止めの方が先にくるので、ネジにかなりの負荷がかかりそうです。
あまり耐加重は期待出来なさそう。


自転車を置く部分は、これを先ほど組立てた支柱に絡ませて使います。
摩擦だけです。
買ったことを後悔しました。


で、実際使って見たわけですが

とりあえず、摩擦だけでなんとかなってますが倒れはしないです。
しかも丁度家の梁がいい感じに動きを制限してくれます。
このバイクラックの左側で寝ていますが、どうやら余程のことが無い限り死ぬことは無いと思われます。

次に心配なラック部分感じですが、
これまた意外とずれ落ちることが無いようです。
掛け外しをすると段々下がっている気がしますが、ずっと掛けてある自転車はあまり位置が動かないような印象です。
まぁどうせ、上の段に置く自転車なんて乗らない自転車だと思うのであまり問題無いでしょう。

今回はロードだけでしたが、MTBも問題無くいけそうです。
ただ、ラック部の関係上スローピングはかっこ良く飾れないです。

かっこ良く飾りたい方はミノウラの方が幸せになれそうです。


余談ですが、写真に写っている補修したスコットは普通に走りました。
振動吸収性は微妙でしたが、適度な剛性と軽さは健在でした。
よっぽどインタマより走ります。
やっぱり腐ってもカーボンですね。

おしまい


スポンサーサイト

K-FORCEぶった切ったった

長年連れ添っていたK-FORCEが遂に逝きました。

どうなったかというと、ペダルを着けるアルミ部とカーボン部の接着面で剥離を起こしてしまい、ガタが出るようになってしまいました。
ついでに左右のクランクを止めるところも同様になりました。たぶんこれはシマノBBで無理やり使ってたのでそれが原因かと。

ちょっと不満なのはアルミ部分が丸型だったこと。
どうせポリエステル系の接着剤を使ってるからアルミと接着は難しいだろう。イーストンじゃあるまいし。
なのでせめて凹凸ぐらい付けてもいいのではないか。
もう最悪、丸じゃなければなんでもいいです。

でも、言うてこいつは2006年の時の最上位クランクだったので、まぁこれぐらい持ったら大往生かなと。


で、ちょっと断面みたくなったので
ぶった斬ってみた

ノコギリで、ちょいや

とは簡単に行かなかったです。
というのも

中にはカーボンたっぷりなんですねー

材料力学をやったひとならわかると思いますが、基本的に同じ断面積なら中空の方が曲げ強度は増します。
実際かなりしなりました。貧脚の僕でも明らかにわかるぐらい。(まぁ僕はそれがおもしろくて結構好きだったんですけど)
しかもカーボンを詰めると余計に体積が必要なので、たぶんこの時は中空で使う技術が無かったのだろうと思います。
ちなみに翌年に出たK-FORCE Lightはリブ入りの中空になってます。


何はともあれ積層構成を見るために表面を研磨してたら

何やらカーボンじゃない何かがあります。(茶色い所)
しかも結構硬い。なんだこれ?
おそらくCFRPのパネルとかを作るときにCFRPだけだと重くなるのでよく、発泡スチロールみたいなものをコアとして入れてサンドイッチパネルを成形するので、これもそういうコアなんだろうと

真相を確かめるために実体顕微鏡で観察しました。

やっぱり発泡体でした。気泡がかなり小さい普段我々が使ってるものと違ったのでその正体はわかりませんでした。

でも中空にする術が無くてコアとして使うにしては少なすぎてたかが知れてる。
しかも、何個か分けて入ってるのもリブを形成しないので謎。

では、なぜこんなことをするのか
ここで研磨後の断面に注目する。
積層が発泡体の周りを巻き付いており、それをいくつかまとめるようにさらに積層、また隙間を埋めるようにカーボンが詰まってるように見える。

で、これはあくまで仮定だが、
たぶん製造工程で、この細くて硬い発泡体の棒に巻き付けて、それを詰めることで型を埋めたのではないだろうか。

この理由として、
そのまま型にカーボンを適当に詰めるとボイド(隙間)が生まれ、かといって一枚一枚重ねるのは厚みがありすぎてだるい。

じゃあ、元からある程度固まりを作ってそれで埋めたらいいんじゃね?

って感じなのではないかな?
こういうほぼオンリーカーボンの厚い棒ってどう作るのか正直良くわかんないです。

誰かカーボンクランクの製造工程の動画とかありませんかね?


まぁ、そんなこんなでぶった切ってしまったK-FORCEですが
長年連れ添って愛着があるので何かにリサイクルしようと思います。
何にするかはまだ考え中。


おしまい。

Campagnolo Big コルクスクリュー

自転車パーツではないのですが、自転車に関連した物を買ったのでレビュー

カンパニョーロコルクスクリューBig


そう、これは自転車コンポーネントメーカーで有名なカンパニョーロ製です。

しかもカンパが遊びで作ったノベルティグッズとかじゃありません。
実はこういったバタフライ型のコルクスクリューを作ったのは、何を隠そうカンパニョーロなのです。
つまり本家本元の元祖バタフライ型コルクスクリューなんですね。
まぁそれにしても、少々お高い気がしますが。


ちょっとどんなものか紹介。

わざわざ桐の箱に入ってます。
置いとくにしても結構かさばるので個人的に買うなら簡易的な箱がいいです。
また紐が付いてて持ち運びに便利。というかそのままプレゼント出来るのでこれは助かります。



今回はブロンズカラーにしました。
他にはシルバーと、日本だと見ませんがゴールドもあるみたいです。



カンパニョーロのチェーンリングボルトと同じだそうです。
エスプリに富んでますね。



下のカバーも動くみたいで意外と使いやすそう。
下のカバーの中はプラスチックになってました。
安っぽいといえばそれまでですが、持った感じ結構軽くて使いやすそうです。


トスカーナ産の上質なイタリアワインと共にテーブルにあったら、
人生が貴族レベルのリア充になると思う。そんなコルクスクリューでした。


おしまい。

プロフィール

ナカボン

Author:ナカボン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
Twitter
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
10570位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
607位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。