スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマノ博物館に行ってきた

最近、忙しくて更新出来なくてすいません。
ネタはあるのですが、もう少し落ち着いてから書こうと思います。




さて、今回は大阪へ出張に行った時に寄ったシマノ博物館についてです。
大阪にくる度に一度は行きたいと思っていながら、堺まで出る機会などありませんでした。
今回偶然にも行く機会があったので、晴れて初訪問となりました。

ちなみにシマノ博物館といっても、シマノの歴史では無く、主に自転車の歴史をメインに扱ってる博物館です。


まず二階から始まり、実車で自転車の歴史を見て歩ける形になっています。
入ったらいきなりドライジーネがありました。
自転車の元祖と呼ばれてるやつですね。
ペダルが無く、地面を蹴って進みます。でもちゃんとブレーキもあり、ハンドルも切れます。
これでも時速15kmで2時間ぐらい乗れたみたいで、当時はかなり画期的で手軽な乗り物だったことが想像出来ます。



次に、ミショー型自転車
前輪駆動の自転車になります。
頑張って、乗り味良くしようという雰囲気を感じられますが、
まだタイヤがついておらず、ボーンシェイカーという恐ろしい名前でも呼ばれていることから、振動が酷かったのでしょう。


続いて、オーディナリー型
よく、皆さんが想像する昔の自転車です。
この時はロードレースが盛んになったようで、速くするために前輪がデカくなりました。
この自転車において、もう少しするとギアの概念が出てきます。

その後、セーフティバイクという形になり現代の自転車の前輪で舵を取り後輪で駆動する形になります。

最後にコンフォートバイクとして、ネクサーブDi2の自転車がありました。
実はDi2は7970の十年前にネクサーブで出てるんですよ!
もちろん電動で変速し、さらにサスペンションまで電動で制御してるというもの。
でも時代が追いついてなかったのか、結構転けたコンポの一つではあります。
しかし、シマノの凄い所はその失敗をバネにして今の9070まで繋げてることですね。
こういうタダじゃ転ばないという精神は見習いたいです。


三階は現代の自転車の役割的な展示です。
まぁダウンヒルからロードまでサクッと触れて、あとは子どもが楽しめる体験型学習が出来るものとなっています。
その中で異彩を放ってしたのが、このダウンヒルバイク

よく見ると

ディレーラーから見慣れない管が二本出ています。
そうです、エアシフトのエアラインズです。

ガスボンベも積んでます。

言わずもがな独創性溢れるコンポで、当時は色々変換期でもあったが、まぁ受け入れられる事もなく(すごく高かった)、消えてしまった迷コンポ
でもこういうコンポを見ると昔のシマノらしさを感じられて嬉しくなります。
というか、ホントに売っちゃう所が素直に凄いと思います。


そして、一階はDVDと展示自転車を置いておく倉庫みたいになってます。
著名人の乗った自転車や、ドミフォンとかもあってここも面白いです。


自転車好きだけでなく一般の方も楽しめると思うので、
堺に寄った際は、立ち寄って見てはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

ハンドメイドバイシクル展に行ってきたんだよ(アマンダ編)

やっぱりハンドメイドといえばここでしょ。
アマンダ

fc2_2013-01-21_12-05-53-824.jpg

アマンダを知ってたおかげで研究室の教授から一目置かれるようになったという不思議なエピソードを持つ僕ですが、
材料にしかり技術にしかり構造にしかり千葉さんの自転車に対する研究は凄まじいものだと思っています。
お会いしたこと無いですけれど、最も自転車への考え方に信用を置いています。
お金がたくさんあったらここで納得の行くものを是非作っていただきたいです。

上の写真は初のフルカーボンバイク。
ラグに差し込んで作る初期のカーボンバイクの形ですね。
オールドパーツで構成してるかと思ったらお得意の木リムに9000系ハブの11速でした。
フリクションだからどうとでもなるのでしょうが、単純に11速のフリクションって超難しそうですね。


展示品には2台の自転車と素材の見本がありました。
fc2_2013-01-21_12-04-36-704.jpg
アルミのハニカムですね。ディスクホイールのコアに使われているみたい。
大きさが違うのはホイールの剛性を人によって変えるためらしい。
つまりディスクホイールもオーダーってことか。スゲー。

fc2_2013-01-21_15-24-02-618.jpg
こっちはステンレスクロスだそうです。
重いです。でも普通の布のようにしなやかに動きます。リヤエンドの接着の剛性強化に使われるらしい。
初めて見たので、値段を聞いたらプリプレグよりも遥かに高かったのでたぶん一生見ることはないと思います。


fc2_2013-01-21_12-04-59-629.jpg
個人的にこれは気になりました。
なぜなら、これは家庭で自転車を作る場合を考えて作られたもので、まさに今の自転車を作ってる自分にピッタリ!
なにかヒントにならないかと舐め回すように見てました。

これのすごいところは金属製なのに溶接を一切してないところ。全部接着してるそうです。
fc2_2013-01-21_12-02-23-121.jpg
まずこういった治具を作ることから始めるそうな。
なんかどこかの雑誌で、実際に千葉さんがこんな治具使っていたような気がします。
あとはパイプをカットして接着剤で繋いだら、それをエポキシを染み込ませた麻か何かを巻いて、
最後にその上からタイヤのチューブなどで巻きつけて硬化させるというもの。

今までカーボンの成形には、よくテンションテープ代わりにビニールテープを使っていましたが、
ビニールテープは伸びてしまうのでたしかにこっちのほうがいいかも。

こういう自分で自転車作れるよって感じの展示だったのですが、
それでもまぁなんか、ずうずうしくも色々自転車やらディスクホイールの作りについて教えていただきました。


それで感じたことは今でこそ自転車の形というか理論が構築されているが
千葉さんは最初はまっさらな状態で非常に苦労したんだなという印象。
今でも現存の形に捕らわれない自転車を生み出すのはそういう精神が今でも根付いてるんだなぁと思った。

そしてそれはハンドメイドバイシクル展に出店してる多くのメーカーにでも言えて、
今回、ハンドメイドバイシクル展を見た感想は、なんというか、けっこうカルチャーショックでした。

自転車は、材料であったり設備であったり解析であったり…常に進化を続けていています。
僕の中で、そういった技術をマスプロが開発しアピールしていくことっていうのが進化だと思っていたのですが、
今回、ハンドメイドバイシクル展を見た感想は何も自転車って進化・開発がすべてじゃないんだなということ。
うまくいえませんが…最新のマスプロの動向ばかり追っていた僕には、前に進んでるように感じられませんでした。
しかしながら、最先端の機材ではないがやはりハンドメイドは今でもユーザーに本当に最高のものを与えてくれるでしょう。


ここで、自分が将来的にどんな自転車を求めていきたいのかってことを色々考えてしまった。


一人の人間だけで考えたら、それはオーダーで自分の意見などを取り込んだ自転車でしょう。
でも多くの人間で考えたら、みんながこの自転車は”いい”と思えるような自転車だと思ったのです。

”いい”という考えは、レースで勝てるとか使い勝手がいいとかかっこいいとか楽しいとか様々でしょう。
そういった”いい”自転車は名車となり、長い時を経ても、人々の心に刻み込まれていく。
そういう名車って、僕は純粋に素敵だなと思うし、こういう自転車を求めているような気がする。

極端に言えば、100人いたら1人が100点で他は70点の自転車より、100人いたら100人が80点以上の自転車の方が、僕は魅了される。
逆に言えば、一人から愛される自転車よりも、みんなから好かれる自転車っていうのは魅力的な自転車じゃないだろうか。
ただ、ここで勘違いして欲しくないのが無個性のオールラウンドの自転車だけがいいと言いたいわけじゃない。
個性有りきで、むしろそれも武器の一つだと考えて欲しい。

そういう絶対的に優れた自転車っていうのは作れないのか。
作れるとしたらやっぱり最新の技術と生産能力を持ってるマスプロでしょう!
なんなら100人いたらみんなが120点以上つけるようなものが出てくることは可能であるし、そういう自転車を切に願います。



またわけわかんないことをつらつらと述べてしまいましたが、
まぁ自転車は色んな用途があるし、色んな人や色んな考えもあるってことで。



ここらで今回は
おわり

ハンドメイドバイシクル展に行ってきたんだよ

昨日、一昨日と開催していたハンドメイドバイシクル展に行ってきました。

ハンドメイドバイシクル展とは、
大手のマスプロが作る自転車とは一味違った日本の職人が作り上げる自転車を紹介するもので、
言うならば匠の自転車の祭典なのですよ。
http://cycle-info.bpaj.or.jp/event/2012event/handmadebicycle/
ちなみに科学技術館にある自転車文化センターは有料ですがこの催しは無料です。



さて、入ってすぐの所にSANOMAGICがありました。
fc2_2013-01-21_12-06-21-847.jpg
fc2_2013-01-21_12-06-06-896.jpg
正直スゲーの一言です。木なのにこんなに有機的な形でしかも軽い。
元は船を作る職人さんで、木材を曲げて型に入れて作ってるそうな。
使ってるのは木材では固いとされるマホガニー。たぶんかなり薄くして何枚も積層してるのでしょう。
しかもなにやら中空にしてるらしいのでけっこう走りそうな気がします。
でも僕は床の間に飾りたいです。



次、ラバネロ
fc2_2013-01-21_12-03-54-831.jpg
もう少しお金があったらここでオーダーしてみたい。特にこのエキップSATがいい。
なんたってオーダーフレームですからね。やっぱり自転車を極めて行くといつかオーダーに辿り着くと思います。

オーダーってやっぱり魅力的で、まずどんなに高級な自転車でも体に合っていなければ意味がないのです。
この市場は海外ブランドが主流なので大手マスプロもそのほとんどが欧米人体型向けのジオメトリーで、日本人にはいささか合わないと私は考えています。
それに仮に日本人向けの自転車を作っても、人の乗り方や柔軟性などでジオメトリーも大きく変化してしまうので、やはり完璧に自分に合うものを求めようとしたらビルダーと話し合ってオーダーしかないのかぁと。
製作者とコミュニケーションを取りながら、オーダーしていくということにはすごく憧れがあります。

そして、なによりもかっこいい。でも20万切る。素敵。
あと新しいEASTONのEC70がカッコよかったです。



次、ケルビム
fc2_2013-01-21_12-03-46-008.jpg
ハミングバードです。
こういう意匠とか細かく見ても綺麗に作られてるところとか、流石だなと思います。

余談ですがサークルの同期が使ってる親から譲り受けた自転車が先代のケルビムが作ったものらしいと判明。
しかもかなりなレアものみたいで…キャリアにテント積んでツーリングしてもいいものなのだろうか。



次、カシマックス
fc2_2013-01-21_12-02-44-559.jpg
あまり聞かない名前かもしれないですが、日本のサドルメーカーです。ピストではよく使われてるみたいですね。
写真はポールスミスとのコラボサドル。欲しい。
僕はサドルが唯一自転車でおしゃれ出来るパーツだと考えています。
刺繍入りのシグネイチャーとか限定版の変な生地のサドルとか大好きで、こういうのは非常にそそられる。

逆にこういうのもあるらしい。丁度財布がボロボロになったので、こっちはホントに買おうかな。
http://www.freshnessmag.com/2012/10/09/kashimax-x-paul-smith-jeans-leather-wallet/



次、GOKISO
fc2_2013-01-21_12-02-54-656.jpg
もう、最近じゃみんな知ってるGOKISOハブ。
ところで名古屋に御器所(ごきそ)って地名があるが、このGOKISOって名前はそこから来てるらしい。
そんな気はしてた。

印象としては異常に回るとかそんな感じじゃなくて、メンテフリーの一生モノの高級ハブ。
サスペンションみたいな構造を売りにしてたりしますが、
それって人間への負荷を小さくするというよりベアリングを労わったもののように感じた。
ブースの人曰く、リムがぶっ壊れるまで使っても、ハブはそのままでまた新しいリムで組みなおせるとのこと。
スポークの穴に対してやけにフランジがデカいのもそういうことなんだそうです。
ふーむ、果たしてこのハブに適したユーザーはいるのだろうか。僕ならベアリング打ち替えちゃうなぁ。

あと、縦方向には回るように設計していますが、自転車って縦だけじゃなくて車体を傾けた時の横方向にもベアリングにかかると思うんです。
なので僕としてはシールドよりカップアンドコーンの形がかなりベストだと思うのです。
GOKISOはその横方向をシャフトの剛性を上げたりベアリングいっぱい入れたりして無理やり押さえ込んでるのだと思います。
そのため、重いのかなぁと。
現状のベアリングの形で回るハブを作ろうとすると、これが最適かもしれませんね。
このハブも回るという点では悪くない、むしろかなりいいとは思いますが、人間の踏力を考えたらうんたらかんたら…

まぁベアリングは無知なので、素人の戯言ってことで。

あとブースには
fc2_2013-01-21_12-03-07-350.jpg
お値段なんと682,500 円
ハブだけですよハブだけ!でもすでにライトウェイトと張れるお値段!
6-4Tiのボディ削り出し。それでも流石にこれは高すぎやしないだろうかと思うが、
それこそフラグシップなので、企業の顔というか技術力を見せつける商品なんだろう。
とりあえず触って回したので、満足デス。



最後にアマンダ
ですがまたこれは長くなりそうなのでこれはまた今度。


←TO BE CONTINUED

Y'sカップに行ってきたよ。

先日、Y'sRoad主催のワイズカップに行ってきました。
大会自体は順位に関係なくランダムで豪華商品が当たる感じだったので、まぁ適当に。
風強いしラスト1時間は雹とか降ってきてそもそも大会自体途中で中断するし散々でした。

メイドのコスプレしてた女性の方々がMVPとしてカーボンフレームを貰っていたので、来年はうちもガチコスの女の子を用意したらいいんじゃなイカ?
まぁ単純にコスプレが見た…ゲフンゲフン

そしてこのイベント、各メーカーが試乗車を出してるのでこっちの方がメインだったりします。
MULLERとかゼータトレーディングとかの普段見ないところもブースを出してたし、サイクルモードよりも待ち時間も無くしかも距離も長く試乗できるようなので結構おすすめのイベントであったりします。
その中でもひときわ輝いていたのは、この
PARLEE(パーリー)
IMAG0261.jpg
DEROSAとかTIMEがこのパーリーの前では霞んでしまうぐらい超高級チャリという印象があります。
昔トライスポーツが少しだけ扱ってたみたいですが、この度アソスやPowerCranksを取扱うRGTエンタープライズに代理店が変わって取扱い易くなったみたい。値段は高いままですが。
しかし不思議に思ったのがRGTエンタープライズはY'sRoadは取扱いが無いらしい。なんでブース出したんだろうブース出せるんだろう。志木店だと取り扱ってくれるのだろうか。ちょっとよくわかんないです。



とりあえず写真奥のフラグシップZ1について
IMAG0256.jpg
すごくきれいです。削らずにこういう処理ができる方法が知りたいです。

IMAG0257.jpg
カーボンを上から巻いているのではなくラグという謎技術。
パイプの方にテーパーでも入ってるのか?それにしても綺麗だ。ふつくしい…

IMAG0258.jpg
エンドはチタン製。そしてここだけは巻いてるそうです。

IMAG0259.jpg
アウター受けはモノコックだそうです。こんなに綺麗に一体成型出来るのだろうか?不思議でなりません。


手前のZ5が試乗出来たので試乗して見ました。

感想は、”うん、良くも悪くもお上品な走り”
GOKISOやその他色々いいパーツが付いてたので総じていいのは当然ですし、コースが30km/hも出せないので、性能は測りきれないですが。
過激な味付けはなく、特筆するところといえばヌメッと進む加速ぐらいで、特に楽しいわけではないが高級ラグジュアリーバイクってこういうノンストレスな感じなのかなぁとは思います。
僕としては、とにかく見た目が美しいので乗って楽しむより床の間バイクにしたい自転車でした。


おしまい。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ナカボン

Author:ナカボン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
Twitter
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
21808位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
1081位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。