スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-FORCEぶった切ったった

長年連れ添っていたK-FORCEが遂に逝きました。

どうなったかというと、ペダルを着けるアルミ部とカーボン部の接着面で剥離を起こしてしまい、ガタが出るようになってしまいました。
ついでに左右のクランクを止めるところも同様になりました。たぶんこれはシマノBBで無理やり使ってたのでそれが原因かと。

ちょっと不満なのはアルミ部分が丸型だったこと。
どうせポリエステル系の接着剤を使ってるからアルミと接着は難しいだろう。イーストンじゃあるまいし。
なのでせめて凹凸ぐらい付けてもいいのではないか。
もう最悪、丸じゃなければなんでもいいです。

でも、言うてこいつは2006年の時の最上位クランクだったので、まぁこれぐらい持ったら大往生かなと。


で、ちょっと断面みたくなったので
ぶった斬ってみた

ノコギリで、ちょいや

とは簡単に行かなかったです。
というのも

中にはカーボンたっぷりなんですねー

材料力学をやったひとならわかると思いますが、基本的に同じ断面積なら中空の方が曲げ強度は増します。
実際かなりしなりました。貧脚の僕でも明らかにわかるぐらい。(まぁ僕はそれがおもしろくて結構好きだったんですけど)
しかもカーボンを詰めると余計に体積が必要なので、たぶんこの時は中空で使う技術が無かったのだろうと思います。
ちなみに翌年に出たK-FORCE Lightはリブ入りの中空になってます。


何はともあれ積層構成を見るために表面を研磨してたら

何やらカーボンじゃない何かがあります。(茶色い所)
しかも結構硬い。なんだこれ?
おそらくCFRPのパネルとかを作るときにCFRPだけだと重くなるのでよく、発泡スチロールみたいなものをコアとして入れてサンドイッチパネルを成形するので、これもそういうコアなんだろうと

真相を確かめるために実体顕微鏡で観察しました。

やっぱり発泡体でした。気泡がかなり小さい普段我々が使ってるものと違ったのでその正体はわかりませんでした。

でも中空にする術が無くてコアとして使うにしては少なすぎてたかが知れてる。
しかも、何個か分けて入ってるのもリブを形成しないので謎。

では、なぜこんなことをするのか
ここで研磨後の断面に注目する。
積層が発泡体の周りを巻き付いており、それをいくつかまとめるようにさらに積層、また隙間を埋めるようにカーボンが詰まってるように見える。

で、これはあくまで仮定だが、
たぶん製造工程で、この細くて硬い発泡体の棒に巻き付けて、それを詰めることで型を埋めたのではないだろうか。

この理由として、
そのまま型にカーボンを適当に詰めるとボイド(隙間)が生まれ、かといって一枚一枚重ねるのは厚みがありすぎてだるい。

じゃあ、元からある程度固まりを作ってそれで埋めたらいいんじゃね?

って感じなのではないかな?
こういうほぼオンリーカーボンの厚い棒ってどう作るのか正直良くわかんないです。

誰かカーボンクランクの製造工程の動画とかありませんかね?


まぁ、そんなこんなでぶった切ってしまったK-FORCEですが
長年連れ添って愛着があるので何かにリサイクルしようと思います。
何にするかはまだ考え中。


おしまい。
スポンサーサイト

Campagnolo Big コルクスクリュー

自転車パーツではないのですが、自転車に関連した物を買ったのでレビュー

カンパニョーロコルクスクリューBig


そう、これは自転車コンポーネントメーカーで有名なカンパニョーロ製です。

しかもカンパが遊びで作ったノベルティグッズとかじゃありません。
実はこういったバタフライ型のコルクスクリューを作ったのは、何を隠そうカンパニョーロなのです。
つまり本家本元の元祖バタフライ型コルクスクリューなんですね。
まぁそれにしても、少々お高い気がしますが。


ちょっとどんなものか紹介。

わざわざ桐の箱に入ってます。
置いとくにしても結構かさばるので個人的に買うなら簡易的な箱がいいです。
また紐が付いてて持ち運びに便利。というかそのままプレゼント出来るのでこれは助かります。



今回はブロンズカラーにしました。
他にはシルバーと、日本だと見ませんがゴールドもあるみたいです。



カンパニョーロのチェーンリングボルトと同じだそうです。
エスプリに富んでますね。



下のカバーも動くみたいで意外と使いやすそう。
下のカバーの中はプラスチックになってました。
安っぽいといえばそれまでですが、持った感じ結構軽くて使いやすそうです。


トスカーナ産の上質なイタリアワインと共にテーブルにあったら、
人生が貴族レベルのリア充になると思う。そんなコルクスクリューでした。


おしまい。

カスタムフィットをしたんよ

ロードを組んだ当初に中古で買ったadidasレースが生ごみみたいな臭いを発しだしたので買い換えました。

たまたま、先日のワイズカップでSH-R315が破格だったので買いました。
前のadidasレースのサイズが41で、R315もワイドだったが41でいいだろう
そんな感じでろくに履かずに適当に買ってしまった。


このR315のすごいところはカスタムフィットでインソールだけでなくシューズ自体も熱成型出来るところ。

ということでやってみた。自分で。

要はオーブンで温めて、インソールは体重かけて足の裏の形に、
シューズ本体は真空引いて足の形にすればいいわけだ。

まず、オーブンで温める。
果たして何度にしたらいいのかわからないが、取説には取り出したとき100℃ぐらいになるので代理店へのメッセージが書かれていたので、
なるほど、じゃあ90℃ぐらいのオーブンでインソールを10分ぐらい温めて普通に履いて冷えるまで直立。
⇒インソール完成

シューズは20分ぐらい温める。
そして同じく普通に履いて、上からビニール袋とガムテープで密閉し、油圧ポンプON
真空引いて、適度な圧力になったらポンプを止めて冷えるのを待ちます。
⇒シューズ完成

この時、ゆとりがあるところを手で押してぴったり合わせてもいいかも。

正直、オーブンと掃除機があれば自宅でも出来るのでは?って感じでした。
ただ、ビニール袋でやりましたが意外と凹凸が多くて、破れてしまいガムテープで補修しながら吸引してたので、もっと頑丈なジップロックとかの方がいいです。

まぁやる人はあくまで自己責任で。


で、カスタムフィットしたシューズの感想

確かにヒール部がかかとの形になるのはいいかも。
それに靴自体もカーボンソールが薄くて固くて、前のadidasよりダイレクト感はマシマシ。

だが、しかし

ラチェットが全部振り切ってしまう!
靴内で足が動きまくる!


いやぁフィットするんですけどね。それで靴のサイズ(主に幅)が大きいことが露呈されました。
結論、フィットはするが靴が小さくなるわけではない。
そもそも甲が低い方なので甲が高い日本人向けのshimanoとか合わないのかも。

なので、履いて10kmもしないうちに売りました。
いいシューズなんだけどね。どんないいシューズでも合わなきゃ意味ないです。
靴はちゃんと履いて買いましょう。


~それから3週間後~

MavicのProRoadが安いから買っちゃった。
IMAG0282.jpg
しかも今回は一回も履かずに買ってしまった。
       iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人

これでダメだったらシューズを通販で買うことをやめるところだったが、幸か不幸かサイズがあってしまった。
ProRoadについてはしばらく使ったら紹介します。


では、今回はこのへんで

おしまい



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

Mega Pro SL 続き

調べたところエスケープR3を調べると、どうやら内径41.4mmらしい
でもどういうことかオーバーサイズのフォークがインスコされてる。
じゃあ、カップが41.4mmのオーバーサイズが入るヘッドパーツがあるはずである。

調べたら…あった。
どうやら、ゼロスタックでもインテグラルでもなくインターナルという規格らしい。
1インチからオーバーサイズに移る頃、ノーマルからインテグラルになる途中に出来たものらしい。

まぁ、いいやとりあえずこれを買おう。

       /::::::::::  u\
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\     
    /:::::::::: ( ○)三(○)\  
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |  ________
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ . | |          ...|
    ノ::::::::::u         \  | |   No.11agy   .|
  /:::::::::::::::::      u      | |  在庫無し    |
 |::::::::::::: l  u             | |           |
 ヽ:::::::::::: -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________.|
  ヽ::::::::___,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |


どこも在庫無い。
実店舗はもちろん。海外も探すが特殊なヘッドなのでやはりない。
辛うじて見つけても、HOPEの高いヘッドパーツしかねぇ。却下。


~一ヵ月後~

なんとかヤフオクで入手した。
しかしこれしかないってのは怖いな。他のヘッドパーツメーカーも販売していただきたい。
待つのが嫌で頑張って探してたわけだが、チャリ屋行って
「エスケープR3のヘッドくださーい」っていうのが一番確実で早かったかもしれない。


まぁでもこれでやっと組めるよ。

え…なんかフォークが入んない。
なんだこのフレームのバリか。ごりごり
ん、入ったけど何か渋い。てかベアリング押しが浮いちゃってダストキャップがつけられない。
IMAG0275.jpg【横からの図】

なんかカップが後ろよりだ。フォークが後ろに来すぎてて玉押しが入らない。
これ事故車かなんかでヘッドが曲がってんのかな。
ヘッド切って溶接しようかな。うーん、めんどくさい。

ぷつん
と、ここで千年の恋も冷める。
フレームを押し入れに入れて封印


~さらに一ヵ月後~
部屋掃除、見つける。

てか、このベアリング押してるリングさえどうにかなれば一応動くのでは?

IMAG0276.jpg

ちょいや

IMAG0277.jpg

よし、ダストカバーは入った。

組み組み…

あ、ガタは出るし渋いが一応乗れるよ。あと90度以上曲げれないけど、まぁいいっしょ。限界。

IMAG0278.jpg

インプレ
フォークがガタを抜きにしてもなんか直線的で乗りにくい。
いかんせん実はFDがまだないので、ちゃんと踏んでないからよくわかんない。
しかしこの自転車に乗ってる時や何よりも自転車を止めるときに何とも言えない満足感。
これだけあれば今回の投資は無駄ではなかったといえるのではなかろうか。

終わり

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

Mega Pro SL

IMAG0137.jpg
ようやくMegaProSLを一応、組みました。
しかしこのメガプロさん、結構苦労しました。

というのもこのフレーム、2001年のモデル。
ググっても情報が少なく規格に苦労しました。
そこで、この時代のフレーム所有者の何か参考になればと思い、このブログを始めた所存です。


まず、このフレームの詳細をば、
Bianchi 2001年のMegaProSLのPirataという元は55の105で組んだ完成車限定モデルです。
パンターニが実際使ってたものとはカラーリングは同じですが、こっちはちょっと残念なモデル。
でもこの色が史上最強にかっこいいから!!問題無い!!

ご存知の方は見ただけであのお方とあの場面を思い浮かべるでしょう。
かくいう私も、彼を見てロードバイクやロードレースに憧れを抱き続けた結果今に至るわけです。

初めてロードを組もうと思っていた時もこのフレームが欲しくて欲しくて1年以上ヤフオクで張り付いていました。
(結局、半ば投げやりになって安かったVERSUSを落として、ずっと乗っていたわけですが。)
その後もヤフオクにずっと張り付き、3年越しに爆安でこのフレームを手に入れました。
張り付いてた感想としては、1年に3,4台ぐらいは出る感じなので、根気がこっちは手に入ります。
本家XLはebayまで視野に入れても中々厳しい現状です。



長くなった。さーて組むよー
しかし、フォークもヘッドも無い。コンポはどうにかなるが、これはどうしようもない。ということで

 ______
|←サイ栗|
 ̄ ̄|| ̄     ┗(^o^ )┓三フォーク無いから買ってくるよ
   ||         ┏┗   三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ______
|←サイ栗|
. ̄.|| ̄ ̄    三      ┏( ^o^)┛ OSのフォーク買ったらゼロスタックのHPついてたよ。
  ||       三        ┛┓   やったね。自転車が増えるよ。  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ちなみに買ったのは928CARBONについてたオーバーサイズのフォーク。なんかすごく軽かったです。

で、圧入
??
どういうことだ入らない。


IMAG0192.jpg

その時、管理人電流走る。
    /::://:::! /-=、 ,// u / _,,.-ゝ. 「ヽ l    ! , l
   /::_;イ-‐=レ'==ミ"   '∠-==ヽl=ヽlヽ  レ'レV
 /::::::::..、   o   ,≡:::::::〈、  o   ,  :|│ リ '  内径41.4?もしかして、1インチ?
 ::::::::::::::::: ` ー--‐ '´三 :::::::::ヽ`::ー-‐:'.´   |│ l
 :::::::::::::::    ニニ  ::::::::::::::ヽ::::::::: U  |│ !
 :::::::::::::::U  ̄ ̄   U::::::::::::::::ヽ::: u   |│ .l
 ::::::::::::::::   U    r‐:::::::::::::::::::::ヽ.    Lノ  |


ゆとり世代の自転車乗りの私は、オーバーサイズデフォだったので1インチを見落としてた。
後日バイト先のダブルツールカラーのXL乗ってる人に聞いたら1インチでした。

あーでもオーバーサイズのフォーク買っちゃったしなぁ…

        _z―‐-、,. -‐―z_     ┌───────┐
       ,∠,  /! y  )ヽ. `ゝ   |  この時 … …   |
       /  { (   / /    \   | 管理人に …    |
      /     ヽ/   ヽ/     「` .| ある ひらめき! |
    / / ,   ,、 ,、 、      |  └───────┘
   /'´/  / , 、  i |
    | / ! l>,、 く,_゙ "_冫∠ゝ、.ト、|   ……あれ?!
    |/' | .ヘk‐'-。ミl /l∠゚.ノ  ||)リ|
        |/ ヽ. ̄"|.|ヾ゙゙    |l彳ヽ   …そういえばエスケープR3のヘッドってこの径だったような
        , -‐∧  |.! _,    / ' ト、 \
      /   ,l ∧-l」/―- /   | \ ヽ
     /    | i ,ヘ. く7  /! i  lヽ.  \ i
      |     l ! lヽ.' / ,l |  |     \_
     /  ヽ  l | ト、 ヽ/ ,| |  |        `ヽ.
   /    |  ヽ!ヽl l r-‐ノノ! 丿‐-          \


→To Be Continued

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

Y'sカップに行ってきたよ。

先日、Y'sRoad主催のワイズカップに行ってきました。
大会自体は順位に関係なくランダムで豪華商品が当たる感じだったので、まぁ適当に。
風強いしラスト1時間は雹とか降ってきてそもそも大会自体途中で中断するし散々でした。

メイドのコスプレしてた女性の方々がMVPとしてカーボンフレームを貰っていたので、来年はうちもガチコスの女の子を用意したらいいんじゃなイカ?
まぁ単純にコスプレが見た…ゲフンゲフン

そしてこのイベント、各メーカーが試乗車を出してるのでこっちの方がメインだったりします。
MULLERとかゼータトレーディングとかの普段見ないところもブースを出してたし、サイクルモードよりも待ち時間も無くしかも距離も長く試乗できるようなので結構おすすめのイベントであったりします。
その中でもひときわ輝いていたのは、この
PARLEE(パーリー)
IMAG0261.jpg
DEROSAとかTIMEがこのパーリーの前では霞んでしまうぐらい超高級チャリという印象があります。
昔トライスポーツが少しだけ扱ってたみたいですが、この度アソスやPowerCranksを取扱うRGTエンタープライズに代理店が変わって取扱い易くなったみたい。値段は高いままですが。
しかし不思議に思ったのがRGTエンタープライズはY'sRoadは取扱いが無いらしい。なんでブース出したんだろうブース出せるんだろう。志木店だと取り扱ってくれるのだろうか。ちょっとよくわかんないです。



とりあえず写真奥のフラグシップZ1について
IMAG0256.jpg
すごくきれいです。削らずにこういう処理ができる方法が知りたいです。

IMAG0257.jpg
カーボンを上から巻いているのではなくラグという謎技術。
パイプの方にテーパーでも入ってるのか?それにしても綺麗だ。ふつくしい…

IMAG0258.jpg
エンドはチタン製。そしてここだけは巻いてるそうです。

IMAG0259.jpg
アウター受けはモノコックだそうです。こんなに綺麗に一体成型出来るのだろうか?不思議でなりません。


手前のZ5が試乗出来たので試乗して見ました。

感想は、”うん、良くも悪くもお上品な走り”
GOKISOやその他色々いいパーツが付いてたので総じていいのは当然ですし、コースが30km/hも出せないので、性能は測りきれないですが。
過激な味付けはなく、特筆するところといえばヌメッと進む加速ぐらいで、特に楽しいわけではないが高級ラグジュアリーバイクってこういうノンストレスな感じなのかなぁとは思います。
僕としては、とにかく見た目が美しいので乗って楽しむより床の間バイクにしたい自転車でした。


おしまい。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ナカボン

Author:ナカボン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
Twitter
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
21808位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
1081位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。