スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマノ博物館に行ってきた

最近、忙しくて更新出来なくてすいません。
ネタはあるのですが、もう少し落ち着いてから書こうと思います。




さて、今回は大阪へ出張に行った時に寄ったシマノ博物館についてです。
大阪にくる度に一度は行きたいと思っていながら、堺まで出る機会などありませんでした。
今回偶然にも行く機会があったので、晴れて初訪問となりました。

ちなみにシマノ博物館といっても、シマノの歴史では無く、主に自転車の歴史をメインに扱ってる博物館です。


まず二階から始まり、実車で自転車の歴史を見て歩ける形になっています。
入ったらいきなりドライジーネがありました。
自転車の元祖と呼ばれてるやつですね。
ペダルが無く、地面を蹴って進みます。でもちゃんとブレーキもあり、ハンドルも切れます。
これでも時速15kmで2時間ぐらい乗れたみたいで、当時はかなり画期的で手軽な乗り物だったことが想像出来ます。



次に、ミショー型自転車
前輪駆動の自転車になります。
頑張って、乗り味良くしようという雰囲気を感じられますが、
まだタイヤがついておらず、ボーンシェイカーという恐ろしい名前でも呼ばれていることから、振動が酷かったのでしょう。


続いて、オーディナリー型
よく、皆さんが想像する昔の自転車です。
この時はロードレースが盛んになったようで、速くするために前輪がデカくなりました。
この自転車において、もう少しするとギアの概念が出てきます。

その後、セーフティバイクという形になり現代の自転車の前輪で舵を取り後輪で駆動する形になります。

最後にコンフォートバイクとして、ネクサーブDi2の自転車がありました。
実はDi2は7970の十年前にネクサーブで出てるんですよ!
もちろん電動で変速し、さらにサスペンションまで電動で制御してるというもの。
でも時代が追いついてなかったのか、結構転けたコンポの一つではあります。
しかし、シマノの凄い所はその失敗をバネにして今の9070まで繋げてることですね。
こういうタダじゃ転ばないという精神は見習いたいです。


三階は現代の自転車の役割的な展示です。
まぁダウンヒルからロードまでサクッと触れて、あとは子どもが楽しめる体験型学習が出来るものとなっています。
その中で異彩を放ってしたのが、このダウンヒルバイク

よく見ると

ディレーラーから見慣れない管が二本出ています。
そうです、エアシフトのエアラインズです。

ガスボンベも積んでます。

言わずもがな独創性溢れるコンポで、当時は色々変換期でもあったが、まぁ受け入れられる事もなく(すごく高かった)、消えてしまった迷コンポ
でもこういうコンポを見ると昔のシマノらしさを感じられて嬉しくなります。
というか、ホントに売っちゃう所が素直に凄いと思います。


そして、一階はDVDと展示自転車を置いておく倉庫みたいになってます。
著名人の乗った自転車や、ドミフォンとかもあってここも面白いです。


自転車好きだけでなく一般の方も楽しめると思うので、
堺に寄った際は、立ち寄って見てはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

ナカボン

Author:ナカボン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
Twitter
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
18166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
899位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。