FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドメイドバイシクル展に行ってきたんだよ

昨日、一昨日と開催していたハンドメイドバイシクル展に行ってきました。

ハンドメイドバイシクル展とは、
大手のマスプロが作る自転車とは一味違った日本の職人が作り上げる自転車を紹介するもので、
言うならば匠の自転車の祭典なのですよ。
http://cycle-info.bpaj.or.jp/event/2012event/handmadebicycle/
ちなみに科学技術館にある自転車文化センターは有料ですがこの催しは無料です。



さて、入ってすぐの所にSANOMAGICがありました。
fc2_2013-01-21_12-06-21-847.jpg
fc2_2013-01-21_12-06-06-896.jpg
正直スゲーの一言です。木なのにこんなに有機的な形でしかも軽い。
元は船を作る職人さんで、木材を曲げて型に入れて作ってるそうな。
使ってるのは木材では固いとされるマホガニー。たぶんかなり薄くして何枚も積層してるのでしょう。
しかもなにやら中空にしてるらしいのでけっこう走りそうな気がします。
でも僕は床の間に飾りたいです。



次、ラバネロ
fc2_2013-01-21_12-03-54-831.jpg
もう少しお金があったらここでオーダーしてみたい。特にこのエキップSATがいい。
なんたってオーダーフレームですからね。やっぱり自転車を極めて行くといつかオーダーに辿り着くと思います。

オーダーってやっぱり魅力的で、まずどんなに高級な自転車でも体に合っていなければ意味がないのです。
この市場は海外ブランドが主流なので大手マスプロもそのほとんどが欧米人体型向けのジオメトリーで、日本人にはいささか合わないと私は考えています。
それに仮に日本人向けの自転車を作っても、人の乗り方や柔軟性などでジオメトリーも大きく変化してしまうので、やはり完璧に自分に合うものを求めようとしたらビルダーと話し合ってオーダーしかないのかぁと。
製作者とコミュニケーションを取りながら、オーダーしていくということにはすごく憧れがあります。

そして、なによりもかっこいい。でも20万切る。素敵。
あと新しいEASTONのEC70がカッコよかったです。



次、ケルビム
fc2_2013-01-21_12-03-46-008.jpg
ハミングバードです。
こういう意匠とか細かく見ても綺麗に作られてるところとか、流石だなと思います。

余談ですがサークルの同期が使ってる親から譲り受けた自転車が先代のケルビムが作ったものらしいと判明。
しかもかなりなレアものみたいで…キャリアにテント積んでツーリングしてもいいものなのだろうか。



次、カシマックス
fc2_2013-01-21_12-02-44-559.jpg
あまり聞かない名前かもしれないですが、日本のサドルメーカーです。ピストではよく使われてるみたいですね。
写真はポールスミスとのコラボサドル。欲しい。
僕はサドルが唯一自転車でおしゃれ出来るパーツだと考えています。
刺繍入りのシグネイチャーとか限定版の変な生地のサドルとか大好きで、こういうのは非常にそそられる。

逆にこういうのもあるらしい。丁度財布がボロボロになったので、こっちはホントに買おうかな。
http://www.freshnessmag.com/2012/10/09/kashimax-x-paul-smith-jeans-leather-wallet/



次、GOKISO
fc2_2013-01-21_12-02-54-656.jpg
もう、最近じゃみんな知ってるGOKISOハブ。
ところで名古屋に御器所(ごきそ)って地名があるが、このGOKISOって名前はそこから来てるらしい。
そんな気はしてた。

印象としては異常に回るとかそんな感じじゃなくて、メンテフリーの一生モノの高級ハブ。
サスペンションみたいな構造を売りにしてたりしますが、
それって人間への負荷を小さくするというよりベアリングを労わったもののように感じた。
ブースの人曰く、リムがぶっ壊れるまで使っても、ハブはそのままでまた新しいリムで組みなおせるとのこと。
スポークの穴に対してやけにフランジがデカいのもそういうことなんだそうです。
ふーむ、果たしてこのハブに適したユーザーはいるのだろうか。僕ならベアリング打ち替えちゃうなぁ。

あと、縦方向には回るように設計していますが、自転車って縦だけじゃなくて車体を傾けた時の横方向にもベアリングにかかると思うんです。
なので僕としてはシールドよりカップアンドコーンの形がかなりベストだと思うのです。
GOKISOはその横方向をシャフトの剛性を上げたりベアリングいっぱい入れたりして無理やり押さえ込んでるのだと思います。
そのため、重いのかなぁと。
現状のベアリングの形で回るハブを作ろうとすると、これが最適かもしれませんね。
このハブも回るという点では悪くない、むしろかなりいいとは思いますが、人間の踏力を考えたらうんたらかんたら…

まぁベアリングは無知なので、素人の戯言ってことで。

あとブースには
fc2_2013-01-21_12-03-07-350.jpg
お値段なんと682,500 円
ハブだけですよハブだけ!でもすでにライトウェイトと張れるお値段!
6-4Tiのボディ削り出し。それでも流石にこれは高すぎやしないだろうかと思うが、
それこそフラグシップなので、企業の顔というか技術力を見せつける商品なんだろう。
とりあえず触って回したので、満足デス。



最後にアマンダ
ですがまたこれは長くなりそうなのでこれはまた今度。


←TO BE CONTINUED
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナカボン

Author:ナカボン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
Twitter
最新記事
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
22633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
1088位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。